*

借金返済できません

書籍の宣伝広告、スポーツ紙、街中に見かけるチラシやDMなどで「債務の効率化します」「多重債務をひとつにしたくありませんか」と書かれた惹句を見ることがありますよね。

このようなものは、「整頓業者」「買取専門屋」「つなぎ業者」と呼ばれている業者のおとり広告のケースも存在します。

それらを使用した場合では破産申請フローの中で一番重要な免責決定を得られない危険性があります。

「整理人」は負債者をおびきよせ、高額の料金を要求して整理をしますが、本当は負債整頓は実行されずに、債務者はもっと負債地獄に陥ってしまう場合がすべてになります。

「買取屋」は、債務人のクレジットで何らかのチケットなどをいっぱい仕入れさせ、依頼者から購入した品を定価の1割~半額で引き取るという手法が主です。

負債人は一時は現金が手に入りますがいずれクレジット企業による商品の全額の返済請求がくることになり、現実には借金を増大させるだけです。

このときはクレジットカード会社に対する犯罪ということになって免責許諾を受けられなくなります。

「紹介屋」とは、有名な貸金から拒絶されるようになった債務人に対し、直接の貸出はしないで、金貸しをしてもらえる別の業者を呼んで、常識外のサービス料を出させる企業です。

紹介人は自らの紹介でお金を貸し出ししてもらったかにしゃべりますが本当のところは何もしないまま、単に規程の緩やかなサービスを把握しているだけというやり口です。

このときも結局のところ債務額を増大させる結末となります。


コメントする