*

恋愛

本能のままに自由な恋愛

口づけするとたちどころになんと相手の心の中までもが意識せずに知ってしまうのです。パートナーとのキスは単純に言うと唾液の交換であり、唾液に含まれている情報で人格を解析している。
しばしばカチカチと言われている女なんぞは、タイプの男の人との出会いのときも決して仲間に入れず、あなたと彼の二人の数少ないチャンスなのにめちゃくちゃにしてやろうとする。
相手を愛する気持ちが減ってしまうと聞いたことのないオキシトシンという物質が体内でわずかながら分泌され、物質の影響で体が硬くなる。男の人の手を触った際に硬さを感じるようなら恋人をいとおしく思う気持ちがなくなった証明かもしれない。
どうしても初めてのデートで女性を陥落させたいなら、食事場所選びに力を入れろ。メロメロにしたい女性が快く肯定してくれたら、あなたを認めてくれた成功のサインと認めるのが普通。
気になる人にぐっと近づくために、その相手がかけがえのない人だということをにおわせるキーワードを上手に言ってごらん。例えば「あなただけの私」とか「オンリー」のと言うのが一つの技術である。
「次の機会にどこか飲みに行かない?」と聞いてみて、「いつかそのうちイケたらうれしいね」と聞いた人から回答が送られてきたら、高い確率で成功する可能性は絶望的。
メロメロにしたい相手が不安になる病気などで弱気になっているときこそ誠実な気持ちでかけたフレーズや思いやりの気持ちを分かってもらえると、いっぺんに相手をメロメロにさせられるのだから、これはここぞというときである。
女の人にされた同じとおりの質問をそのまま返さない男の人はモテる男ではない。女の人は尋ねた相手に質問したことを質問して貰いたくてそれを聞く。